行動計画(次世代育成支援対策推進法)

社員が、仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次の行動計画を策定する。

1・行動期間

2019年4月1日 ~ 2024年3月31日 までの4年間

2・内容

目標1:仕事と家庭の両立に資する育児関連制度の活用を保護する観点から、出産・育児に関する制度の周知・啓蒙を行う。

<対策>

2019年4月~

出産、育児に関する制度内容を紹介したパンフレット等の作成と従業員への配布、啓蒙活動の実施

 

目標2:子育てを行う社員等の仕事と家庭の両立を支援する観点、およびワーク・ライフ・バランス充実の観点から、各種制度の充実を図る。

<対策>

2019年4月~

フレックスタイム制度の導入検討(2020年4月~制度導入)

2019年4月~

半日単位の有給休暇取得推進に向けた取得日数上限の引き上げ検討

         (2021年4月~制度導入)

2021年4月~

福祉休暇制度の適用使途の範囲拡大に向けたニーズ調査と制度改正、および社内報等による周知(2022年4月改訂)

2023年4月~

ノー残業デーの設定と運用徹底を図るためのポスター等の掲示及び啓蒙を実施(2023年4月~制度導入)